接客に注目してみよう|不動産会社の決め手

つみ木

改めて登記が必要な場合に

広い土地

隣人とのトラブル解決にも

東京に住んでいて土地の境界について揉めるというケースもあるでしょう。日本の中でも東京は特に人口が密集している地域であり、東京はそれだけ多くのトラブルが発生しやすい地域とも言えます。当事者同士の話し合いで問題が解決すれば良いですが、時にはどうしても問題が解決しないという場合もあります。そういった際には土地家屋調査士に調査を依頼するという方法があります。土地家屋調査士は不動産登記をする際に必要な調査及び測量を行っているため、こういった東京で多く発生しそうな隣人とのトラブル解決にも役立つのです。実際に依頼する際には、まずは土地家屋調査士が所属する事務所に相談することから始まります。その場合、すぐに土地家屋調査士に調査を依頼するということにはなりません。確かに改めて不動産登記を行う上では土地家屋調査士による調査や測量はとても大切なことですが、隣人とのトラブル解決のためには必ずしも土地家屋調査士の調査や測量が必要になるわけではないからです。相談をして適切なアドバイスを受けるだけで解決する場合もありますので、まずは現状を把握して本当に依頼するかどうかを決めることになります。その後は報酬額を決定し、双方が納得することが出来ればそこでようやく土地家屋調査士が動くことになります。まずは現地に赴いて現状を確認し、調査を開始することになります。それと同時に法務局で必要な資料を集めて資料と現地での状態にどれだけの違いがあるのかを調べることになります。最終的には測量を行って境界杭を埋設し、登記を行うことでトラブルを解決してくれるのです。